オンラインカジノで遊ぶと税金がかかる?

オンラインカジノで遊ぶと税金がかかる?

意外に思われるかもしれませんが、オンラインカジノで儲けたお金には税金がかかります。
「オンラインカジノで大当たりした!ぱーっと使っちゃおう!」なんて思っていたら、後から大変なことになりかねません。
オンラインカジノをプレイする際には、税金についてきちんと知っておきましょう。

 

オンラインカジノで儲けたお金はなんで税金がかかる?

 
オンラインカジノで得た所得は「一時所得」に分類され、課税対象となります。
そのため、納税が必要なくらい儲けが出たときは、確定申告をする必要があります。

「パチンコや競馬はそんなことしなくても大丈夫なのに、なぜオンラインカジノだけ?」
と思った方も多いのではないでしょうか。

実は、パチンコや競馬での所得も一時所得に分類されているので、
納税が必要なくらいの儲けが発生したときには確定申告を行わなくてはなりません。

しかし、パチンコや競馬をしている人の中には
「税金がかかると知らなかった」という人も少なくなく、
きちんと確定申告を行っている人は多くないというのが現実です。

パチンコや競馬というのはその換金方法から税務署側が脱税の証拠をつかむことが難しくなっています。
そのために長らくこのような状態が続いているのです。
(誰かが税務署に申告した場合に追徴課税を求められたというケースもあります)

しかし、オンラインカジノはインターネットを通じてお金のやりとりを行っているため、
税務署側も証拠をつかむことが可能です。

オンラインカジノをする際にはきちんと資産を管理し、
納税の必要がある場合は確定申告を行うようにしてください。
 

いくらから納税の必要がある?

 
一時所得の計算式は以下のようになります。

【一時所得】=【収入金額】-【支出金額】-【特別控除額 (最高50万円)】

つまり、基本的には50万円以上の儲けが出たときに申告が必要である、ということです。
しかしここで気をつけなければいけないのが、【支出金額】の考え方。

たとえば・・・

[1] 5月1日、5万円賭けて、20万の払い戻し。(15万の儲け)
[2] 5月2日、10万賭けて、50万の払い戻し。(40万の儲け)
[3] 5月3日、70万賭けて、5万の払い戻し。(65万の損失)

5月2日の段階では55万の儲けが出ていたけれども、5月3日に65万も負けてしまった。
プレイヤー的には、10万の負けですよね。

しかし、これは申告上では「55万の儲けが出た」とだけ判断されます。
実は負けたときのベット額は【支出金額】に含まれないのです。

このことを知らないと、納税の必要があるのにないと勘違いしてしまったり、
或いは思ってたより多額の納税が必要となって慌ててしまうことになります。

収支の計算はしっかりと行うようにしておきましょう。
 

確定申告の時期はいつ?

 
確定申告の時期はいつ?
確定申告の時期についてですが、大体2月16日~3月15日となっています。
(土日や祝日の関係でズレる場合もあります)

この時期の税務署は大変混み合いますので、時間に余裕を持って訪れるようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です